水の非加熱殺菌

通常、水分に含まれる細菌を死滅させるためには、加熱をするのが有効な方法とされています。しかし加熱をすることで、細菌だけでなく、水に含まれる有効成分もなくしてしまう可能性があります。

そこで最近になって、加熱をすることなく、細菌を死滅させる方法が登場しています。非加熱殺菌と呼ばれますが、現在はオゾンを使って殺菌をするのが一般的です。

加熱をする必要がありませんから、水に含まれているミネラルなどの有効成分を、そのままの状態で維持することができます。ですから、味的に見ると、おいしい水を作り出すことができます。しかし非加熱殺菌の場合、確実に細菌が全滅しているかというと、疑問に思わざるを得ない場合もあります。ですから、安全性については、注意深くチェックをしないといけません。