ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーのメリットとして、いつでも冷水と温水を入れることができるところにあります。冷水は5度程度、温水は80~90度といった温度に設定されているところが多いようです。ところで、通常の状態であれば、冷水も温水も作ることができません。

そこで、電気の力を利用して、冷水と温水がいつでも出せるようにしています。ということは、ウォーターサーバーを自宅に入れると、それなりの電気代がかかってくるということも理解しておきましょう。

電気代についてですが、どこの業者を利用しても、月に1000円程度だと思われます。どこの業者のサーバーを利用しても、大差はありません。1000円程度の電気代であれば、ミネラルウォーターをスーパーで購入する費用や手間を考えると、安上がりかもしれません。